あなたは 人目の迷い子です

2004年09月12日

RED ZONE?

ジャンヌのツアー「ARCADIA」の初日公演@神戸国際から2日経ちますが、頭と首が未だに非常に痛いです。痛いとかの次元ではありません。脳味噌が頭からはみ出そうな勢いの苦痛と闘っています、只今(ガクガクブルブル)。

セットリストは言えませんが、非常に納得のいく、濃いライブでしたねぇ。まさかここでこの曲を演るとは!といういい意味でのサプライズ満載でした。ライブ本編は短いように感じ取れたのですが、丁度2時間ぐいでした。アンコールは2回あって、またまたここでヒートアップ。フェスティバに行かれるシルビアさんの身内さん達、心して行くべし!です。会場ごと燃えるかもしんないです。初日であれだけヒートアップし、フェスティバの前が福岡なので、フェスティバでどーんと打ち上げ花火状態になることが予測されます。めっさ行きたいよぉ(><)

何しか理屈無しに「このバンドには何があっても憑いて行くぜ!」と感じ取れたライブでした。やすくんの声の調子も良かったですし、しゅーちゃんも良かったですし(あんなにドラムを叩くなんて人間じゃねぇよ、樋口さん助けてあげてよ)、勿論かあゆくんのベースの調子もばっちし良かったですし(MCが激しくツボりました)、きよちゃんも毎度ながら可愛かったですし(ある曲のキーボードの演奏が素敵で素敵で)、Youちゃんは半ばはっとする所がありましたが、キミはギターを弾くロボットかの如くいつも以上に早弾きでしたしね、もう胸一杯で帰れました。でも前半は楽器隊のテンポが遅くて、やすくんが引っ張ってました>お疲れ様。

これ以上言うとネタばらしになってしまうので言いませんが、何しかこれからこのツアーライブに参加される方はおもくそ楽しみにしていてください。絶対新世界が見えますので。

因みに何故この日記のタイトルが「REC ZONE?」なのかは此処からリンクを貼っているベンモントさん宅(Ghostdancer)にて判るので詳細はこちらにて確認をお願いします(笑)。露骨にパソコンを前に笑う確率500%です。華氏910です。
posted by シルビア at 04:38| Comment(2) | TrackBack(2) | LIVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月10日

Janne Da Arc!!!!

今日はJanneの「Arcadia」のツアー初日でげんす。
楽しみで仕方がなぃっ!
Janneに逢える!Ka-yuくんに逢える!嬉しすぎる〜!

ライブ前に姉者とお茶パーティーです。
濃い1日になりそうだー♪

posted by シルビア at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月25日

インストアイベントから徳山まで!(「まで」だからね)フフフ〜ン

もうタイトルに徳山と書いた時点で誰のことかお判りな方々もいらっしゃると思いますが(笑)、今、インディーズ界で熱くてビッグなGRAND ZEROの事です。ま、ジャンル的に言いますと、ロックなのですが、色んな音楽要素を取り入れためっさかっこいいバンドです。ベンモントはVo.KAZUKIさんの詞がいまいちと言って茶化しますが、全然そんなことないです。クールなボーカリスト、KAZUKIさんは自称ナルシストというぐらいの美顔でして(これが家ではそんなん嘘や、全然美顔ちゃう、崖みたいやと散々言われたのですが)、シルビアさんはKAZUKIさんの前では乙女心揺れ子ちゃんになってしまいます。

それでは7月31日の大阪ライカエジソン店にて行われたGRAND ZEROのインストアイベント、「グランドすごろく」のレポートです。シルビアさんのぼけとつっこみが(←しかもぼけなのでつっこみがおかしい)激しく入っているものなので、ご注意。つっこみ担当の身内の親友!(そう、アナタよ、アナタ、今日ケーキからハンドルネームをインスパイアされた人!)、あまり激しくつっこまないの!

でわでわ、スタート!パーン!(銃声

この日は夜6時からスタートということでのんびりしながら雨が降る中、本町まで出て行ったんですが、早く行き過ぎて(この辺りで気持ちが向上しすぎてテンションがある意味ぶっ壊れた)これじゃあ店員さんに不審に思われると思い、本町の純喫茶にてニコチンとカフェインを身体に染み入れまして、7月買っていなかった(というか買えなかった)雑誌を読み漁っていました。化粧もヨレたりしてないよね?と思いながら鏡を見て、おーし、大丈夫だ(何がだ)と1人納得し、酔っ払いおじさんの如く店を出て、ライカへ。

お店到着。

シーーーン(シルビアの脳味噌もシーーーン。
誰もいない。
え。
ちゃんとイベント日にちあってるよな、大丈夫やんなと心配しながらお店の中をぐるぐる回ること数十分(不審じゃないか)。定員さん達が何やら店内でのステージを作り始めました。でもグラゼロだとは限らないよな、聞こうかな、どうしよう、でもここの定員さん怖いからなぁ〜と不安度100%に達した時、グラゼロの常連っぽい人達が入ってきたので安心安心。でもちょまー!なんで皆外に行くのよー!と1人店内のベンチ(なんでそんなメルヘンチックなベンチなんか作るんだYO!)でくつろいでいたシルビアは焦ってその人達の後を付け、外へ出ました。そうすると、いつもライブハウスで見かける人達がいるではないですか。これはこれは、と挨拶をし、和気藹々と新規ファンのわたしに話しかけてくれた人達がいてとても安心しました。

しかーし。

この時交わされた会話で気になったのが、
「失礼ですが、どなたのファンですか?」の質問。
シルビアは、「誰だと思いますか?(怪しい笑顔)」と言いました。そうすると、「KAZUKIさんか、MARIKIくんのファンですか?」と。「そうなんです、皆好きなんですけど、KAZUKIさんが大好きで」やっぱり。と思ったような表情を見せた彼女は次に、「ああ、でもビジュアル的には合ってますよね」と言いなすった。

「ビジュアル的にとはなんのことだ」
シルビアは考え込んだ末、いつもの如く、答えは出ませんでした。

まま、そんな些細な事はどうでもいいじゃないですか。
そんな話をしたいんじゃないんです。>聞いてねーよ。

で、わたしの整理番号が貴重な「3」だったので呼ばれた順にさささっと店内に入りました。

ス、ステージ近っ

下手(左)の方へとそそっと行き、ぽつりと座っていたところ、わたしの右横に座ってらしたとってもナイスな常連さん達2人が声をかけてくれました。「もしかしたらグラゼロのインストア初めてですか?」と聞いてくださったので、「はい、そうなんです、1人なので凄く緊張しています〜」と、今にも泣き出しそうな頼りない声で答えたのを覚えています。グラゼロファンの方々もみなさん仲良しで何より平和なので(どこかのバンドのファンとは違って)みんな色々と話している間にテンションも上がってきて、わたしもなんとかお仲間に入らして頂きました。少しはドキドキモードからまったりモードに切り替わった頃、メンバーさん登場。

わわわわわわわわわわわわわわわわわ〜(叫

近いよ、近い、怖いよーぅ。おかぁちゃーん!(逃
あれだけ友達に、「KAZUKIさんの顔に穴が開くぐらい顔を見てくるわ!」と言ったのに、わたしったらなんて小心者なのー!とずっと目の前にいるBassの貴公子ことMasatさんを見てました(笑)。あまりにもの至近距離にメンバーさんも半笑いでしたが、質問タイムにすぐ突入。いきなりわたしの素朴な質問が読まれましたが、皆さん快く答えてくれました。その問題とは何か。

「影響された、もしくはされているアーティストがいたら教えてください」(ドーン)。

皆さんそれぞれ大物さんの名前も挙げていましたし、またマニアックな方を挙げていたりしていましたが、KAZUKIさんのところにまわってきた時、シルビアさんは、氷室と答えろ〜氷室と答えろ〜と心の中で唱えていたら、本当に言いました。

「俺はねぇ〜断然氷室京介だねぇ。あの歳であれだけライブもやれるっていう事は凄いし、進化し続けるのもまた見てて素直にかっこいいって思うしねぇ」

わきゃー!嬉しい、アタイはもうそれだけで天国に逝けます〜!と1人ニヤニヤし(心の中ではブリッジをし)テンションが上がってしまったので、健くんとMasat王子の影響されたアーティストの名前が吹っ飛びましたー(KAZUKIっちめ)。

と、そんなこんなが続く中、司会者さんが「でわでわ、グランドすごろくを始めますからね」とちょっと胡散臭い、ビブレとかの屋上でやってそうな子供向けイベントを彷彿させめような口調で言ったものなので、みんなシーーーーーーンとなりました。わたしなんか斜線入ってました。何故かと言いますと、シルビアはこういう場では絶対に目立ちたくない人なのでぶるぶる怯えていました。1人で参加でしたしね。そのせいで「すごろく」の意味さえ忘れ、隣の人に、「あの、すごろくってなんですか」と少しばかり狂った質問をしたぐらいです。

グランドすごろくとはですね、わたし達ファンが、メンバーさんの中で誰が勝つかを賭けるのですが、勿論わたしはKAZUKIさんに賭けました。そして、右から順番に誰に賭けているのとは関係なくメンバーさんの分のダイスをわたし達が回すということでした。そして例題として、「3」が出るとしましょう。では、すごろく表に、メンバーさんが自分達の持ち曲名を書いたコラムに当たるんです(ま、当たらない時は何もないのですが)。で、それが「似たもの同士」だったりすると、自分がダイスを回したメンバーさんと一緒に他のメンバーさんの真似をする、そしてメンバーさんがダイスで出た数字通りに進んで行くという、説明を聞いているだけだと非常に判り辛い、複雑で、でも面白いことをすることになりました。

メンバーさんが全員めちゃくちゃやる気を出していたので、ここでシルビアさんはもっと怯えるように。「墓穴」とかに当たらせてしまったらどうしよーぅ、なんか罰ゲームやらされそうだ〜(実際に「墓穴」は「振り出しに戻る」でした)等考えてはいたのですが、ラッキーなことに何にも当たらず(笑)。みんなが色んなところに当たって「スキャンダル」とかに当たるとメンバーさんとポラ写真を撮らせて貰ってサインして貰ってキープできるとかオイシイものもあったのに、何にも当たらず。そしてKAZUKIさんに当たった時に「頑張ってねぇ〜(気合入っている声・山口弁ばりばり入ってる)」と声をかけてくれたのはいいのですが、「氷」のコラムに入ってしまいまして、「あ〜これ、一回休むんじゃわぁ〜」という事に。
拙者、露骨に泣いてもヨロシイでしょうかーーー!状態に陥りまして激しく落ち込みました。

メンバーさん、恋に飢えているのか、恋愛ネタしか用意していなく、「一目惚」のコラムに当たった人はメンバーさんから告白されるという設定でした(メンバーさんみんな三十路近い、しかもMasatさんはもう三十路過ぎてる・笑)。メンバーさんみんなユーモアセンスが大人なので、めちゃめちゃ笑わせて頂きました。しかもみなさん健くんが告白する時にヒューヒュー♪とか言っていたので、これ、少し間違ったらおっちゃんとの合コンかもしんないと密かに思ったのはわたしだけではあるまい。

ドラムの静流くんが逸早くゴールしたところで賑やかなすごろく大会が終わり、握手会へ。わたしの中でグラゼロはメジャーのバンドさんと変わりないというイメージがあるので凄く緊張していましたが、Masatさんから握手し、そうしたら「来てくれてありがとう」(王子っぽく)等、みなさんからとても温かいお言葉を頂戴したのです。KAZUKIさんと握手した時は両手で握手してくれました(涙)。「また来てくれてありがとね〜」(覚えててくれたんや〜!)と言って頂いた後に、手紙を渡したら、「おぅおぅ、ありがとう〜」と言った後に(まだ手を握ったまま・笑)わたしが、「徳山行きますよぉ〜」と言ったら凄いリアクションしてくださって。目を見開いて、「おおーぅ!来てくれるん?気を付けてなぁ〜」と爽やかな笑顔付きだったので乙女心揺れ子はクラ〜っときて、グラゼロのバッヂをスタッフさんから頂き、小走りで(ハンカチを口に当て)ライカを出ました。

イベントはどうだったと聞いてくれた友達Kちゃんに「KAZUKI〜〜〜!」とだけ書いたメールを送り、落ち着け!と言われたのも無理もない。フフフ、ムフフ、と怪しい笑みを浮かべ、帰り電車の中、純喫茶に傘をど忘れしたのを思い出しましたーーーーー(ハンカチ喰い破ったーーー!)
posted by シルビア at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。