あなたは 人目の迷い子です

2005年01月30日

Numb

最近わたしの記事はうつ日記かゾンビになった時のへんてこな日記ばっかりですが、そのうちエンタメの事書くのでお楽しみに。クリスマスホリデーの間に沢山映画を観ましたし、バレエにも行きましたし、音楽も聴いたのでそのうち記事をアップします。

現在のシルビアさんの心境状態は「般若」です。

最近人が忙しいのに、いちいち足をひっぱる人がいます。別に、意図的にやってるとかではなくて自然とそうゆう事ができる達者な人がいるのです。

こうゆう事する人、何も初めてではないんですけどね、

しんどいんだよ、邪魔しないでくれないかな(怒)

ってな感じです。

わたしの信号、勝手に赤で通らないでくれないかなー?

こんな気持ちもあります。

シルビアさんに何があったか。

イギリスの大学で二学期とはファイナリストにとって大変な時期です。最も、この時期に一番沢山の時間を図書館で過ごし、パソコンの前で過ごさなければいけない時期です。これがあるから、プランを立てて、出来るだけのリサーチを一学期にして要領良く講義に行くというのが理想なのですが、そうできない事もあります。先週早速卒論の最終草稿の締め切りがありまして、その締め切りまでに間に合うように出来るだけ書いていましたが、全ては書けませんでした。ま、これはあくまでも気合いを入れて出来るだけ締め切りまでに間に合わせて提出するというプランなので、それ程プレッシャーはかかりませんでした。でもですね、教授から一番ベストなアドヴァイスを頂くには、出来るだけの勉強をして、これ以上今は無理という所にまで辿り着かなくてはなりません。自分で何もしてないのに他人にどうにかしてというのは学業的に良くないですし、何も提出していない上で論議しても時間が無駄なだけですし。。。わたしにとってのルールなのですから守りたいのです。しかし時間に追われ、出来ない事だって沢山ありました。でも、それでも一万文字は書きましたし、今の問題は「質より枚数」なので、自分でも出来るだけしたと思うのですが提出した後には次の週のプレゼンの仕度、ビザンツの論文のリサーチ、就職活動、生理(これが重い!)と色々重なりうつが直撃しました。

ま、別に驚く事はないんですけど、うっとうしいんです(笑)。
今忙しいんだからセレトニン返してー!と自分で思うぐらいです。
そんな事も仕方なく、やる事はやらないとなーと普通に勉強してました。が、お腹が痛くなりトイレへ駈け込む事が頻繁に。。。

また、シルビアさん胃腸炎です。

胃腸炎は吐き気を伴いますが、思いっきり吐いてます(苦笑)。
この一週間でまたゲッソリと体重が落ちました。
今はましになったんですけどね。
ろくに食べれないですし、食べたら吐くか下してるのでエネルギーがないのですが、忙しい時にそんな事言ってられないとも思い、勉強してました。今色んな事で気を紛らしていると、何とかなる(てか、お医者さんも何もできないって言ってたし)と思ってプレゼンを優先して勉強してたんですが、邪魔する人、何人か発見。

まず、わたしの睡眠障害をコントロールするのに必要な精神安定剤を飲んでちょっと酔った感じがするシルビアさんを見て、同居人のMくんが口を出す事になりました。別に他人様に迷惑をかける症状を起こす訳ではないんですよ?わたしが酔った感じになると言ったのは、お腹が空いてキッチンに食べ物(勿論自分の)を探に
行くという、端から見てたら何もない事に一々文句を言うようになってました。これは突然起きた事じゃないんです。一学期から黙って聞いてましたらいつの間にかその酔ったような状態の逆手を取るように(人って本当に怖い)。心配して、大丈夫と声をかけるなら最もまともな話なんですが、毎回寝る前に食べるのは良くないという点に当たって何度も説教垂れるのが多い上に、自分がストレス抱えてたらおもくそ当たってきます。しかも相手はドクター希望なので説教は半端でないです。わたしが彼をどんなに避けてキッチンに行っても、彼が入ってきてわざわざ何か言って行きます。

うるさい、ダマレ、と何度心の中で言ったか(鬼)。
そりゃね、寝る前に食べる事が悪いのはよーく知ってますよ。でもお腹いっぱいにして食べないと寝ることができない時がありますしね、また薬の副作用で食欲が出る時だってありますしね。人のプライベートな生活の仕方に文句を付けるってどうゆう事かな?って思ってまして、ええ。生活の仕方で文句言うならわたしの方が言う事多いわ、と思ってますしね。キッチンとリビングを毎週週末に掃除するわたしを見て、「ありがとう」の一言も言わないし、次は俺がするよとも言わないし、寧ろ片付けた後に汚しても知らん顔(Sくんも同じくこれに激しく同感)。自分の友達を一度に十人連れて来ては、後片付けしないし、ともかくうるさい(正しく寝ようとしている皆の睡眠の妨害)。ポストのチェックを忙しいと言っては他人に任せっぱなしで一度も自分でチェックした事がない。忙しく、ストレスが溜るとキレて他人に当たる。

こんなもんです。
立派でしょう?
でも皆彼が一番年下だし、掃除ぐらいわたし達で出来るよねと後三人でしたりしてますが、何も断わり無しでしてる訳じゃありません。彼が医学生だし日中フラットにわたし達が居るなら、まあ別に重荷になるような事ではないので、わたし達がするよーとイージーにわたし達も今まで色々してきました。でもですね、「ありがとう」や、「ごんめんね、毎回」とか全く無しです。別に恩に着せる訳ではないんです。一人の大人としてするマナーじゃないから皆おかしいなと思ってるんです。

でもこの間彼と喧嘩した理由はこれから言います。

わたしは全然記憶がなかったのですが、喧嘩をする前に世間話してたんです。で、わたしと彼は普通は凄く仲が良いので、色んな事で笑い話をしてました。その笑い話の種になったのがわたしだったのです。Mくんの場合、わたしを出汁に笑いを儲けるのは全然驚いた事ではないのですが、人が精神安定剤を飲んでおかしくなっ
てる事を逆手に取ったんです。

わたしに、ない筈のないパンを取るように聞いたらしいんです。そのない筈のパンの存在はわたしは知らず、取ってと言われたので探してたんですけど、なかなか見当たらず、色んな所を探してたらしいんです。それが、「面白い」話だったのです。これにプチンと来て、「んで、それの何が面白いん?」と聞くと「いやー、だって可笑しいやん」みたいに言ってきたのです。

ゴングの鳴る音が聞こえました。

「へー、そうやって今まで楽しんでたんね」と。

可愛くないです。でも向こうの本性が知りたくて言った言葉でした。

最近、人が忙しい時に限って「医学生はもっと忙しい」というボケた事を何度も言うようになってました、以前より増して。わたし、大嫌いなんです、自分が一番この世の中で忙しいとか言う人。言わなくても態度に出す人も大っ嫌いです。特に同じ大学生でそんな事言う人、もっと嫌いです。
皆同じ立場なのに、自分だけが一番苦労してるとかゆう次元で物事考える事が嫌いなんです。で、わたしがいつも思ってたのは、彼は自分のやってる事に不満があるだけじゃなく、他人に嫉妬してるんやわ、と。
自分が勉強もしたくない医学を勉強して苛々し、文型のわたしとSくんを見てブチブチ自分が忙しいだのなんのって言うんだわ、と。何を仄めかしてるんだろう、言いたい事があるならハッキリ言えや!こんな感じです。

わたしが安定剤でおかしくなってる姿を見て笑ってるんやったら、あんたの方が病気なのでわ?と言いたかったんですけど、いきなり喧嘩は良くないので「話」でもしようかと言ってるのに、相手がいきなり猛烈に自己弁護してきました。俺は何の事で訴えられてる訳?等普通でも大きな声をもっとでかくして口先尖らせてたんですけど、この辺りから喧嘩する気がこっちが薄れてきた為、まあまあ、話するかと思いきや、いきなりアタックしてきました。

自分、考え過ぎやねん、なんで俺がこんな事で責められなあかんねん。

シルビアさん、戦闘ムード100%

しかーし。
ちょっと待て。
己と喧嘩するまでに己の欠点こっちが言う理由あるから待て。
わたしが馬から下りて己のレベルで話すなんて100年早い。
どうせなら向うに全部言わそう、そう考えてこちらが普通に向うの正当化されたグチャグチャを聞いてましたら、どうやら自分が悪いのだと気が付いたようで。話を聞きながら、思ってたより口が達者のを見て余計ムカつきましたが(笑)、人が生理前、しかも次の日はプレゼンだと言うてるのに、こいつは何がしたいねんと訳が判らなくなり、わたしは、「あのね、悪いと思ったんやらごめんだけでいいねん」と言いましたがこれが彼のプライドを傷付けるように。

「気の触るような事を言ったんなら謝る。これで話は終わり!」

と勝手にキレた上にわたしが爆発しました。
わたしの問題で態々話ししてるのにお前は何やねん、ゴジャ言いやがって!もし自分の弟ならぶん殴ってるところです。こういう奴に限って正当防衛をしだすと全く筋が通った事言わないんです。

でもわたしのプライドはもっと高いので(笑)、自分の般若のような顔を見せず、哀れみ100%の眼差しで「口のきき方に注意しましょうね!」と言って部屋を出ましたが、なんでこんな時に態々阿呆相手に話さなあかんねん、しかも勝手にキレやがって。怒りで勉強どころじゃなかったんですが、選択余地がないので泣きながらでも勉強してましたら母親から電話がありまして。彼女が言った事があまりにもタイミング悪かった上にわたしの勉強の邪魔をした事でプレゼンは延長させる事となりました。ラッキーな事にプレゼンは練習のプレゼンだったので大丈夫でしたが、自分のプランを邪魔された事に腸が煮えくりかえる思いをしました。

母親が何を言ったか。
「うつ入ったらゴチャゴチャ言い出すやん、あんた」

これは一種の言葉の暴力です。
母親がわたしのうつをこんな風に言うのは初めてではないのですが、苦しい時に何度彼女の言葉の暴力に堪えてきたか。何度もこの事で喧嘩しているのに判らない母親。しかも、わたしが暫くは電話するなと言った為、地元の友達にわたしに電話を掛けさせたんです。その友達からタイムリーに電話があるなんておかしいと思いきや、黒幕は母親。友達も別にあたしと話したくて電話したんじゃないねんなーと思ったら涙が出るより思いっきり冷酷になりました、人に対して。

薬を飲んで治療しないといけない病気を人はなんだと思っているのか。
ニュース等で精神状態が良くない人を異常者扱いするのと同じで、どんなにわたし、薬飲んでるからこれこれができひんのよと言っても全く判らない人が多すぎます。判らないならせめて尊重するべきです。何も哀れんでくれと言ってるんじゃありません。プライヴェートな問題を抱えてると言った時点で、他人の立場を尊重するのがそんなに難しい事なんか。そんな気持ちでいます。東京にいるブランド物と自分に陶酔してる阿呆な知人も、シルビアはうつが酷かった時、凄い後ろ向きだったもんねー?とか、わたしからしたらただの阿呆だと思いましたが、土足で人の心に入ってきてめちゃくちゃにしていくなんて、ありえません。

Freakという言葉が英語にありますが、ホント、あんた達freakだわと思います。
よくわたしは薬を飲んでて麻痺してないか心配しますが、こうゆう人達の思考が麻痺してるんだとと思います。
posted by シルビア at 06:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ACID BREATH(毒吐日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月04日

Don't need a reason to be free

よっさん殿が大将ことブルース・スプリングスティーンの事を取り上げてくれたのでここでシルビアさんが考えている事を述べさせて頂きます。

まず、アメリカの大統領が誰になるか、わたし達日本国民の知ったこっちゃないと言えばそこまでなのですが、わたしはイギリスにいようが日本にいようが、アメリカで誰が政権を握るか非常に興味があります。それはアメリカという国がわたし達の平和を妨害する事(政治的にも、経済的にも)があるからです。わたしは個人的にアメリカを嫌ってはいませんが、だからと言ってクレームもないとは限りません(笑)。←こてんぱんに言ってるやん。

大将が今公式サイトで自分が書いた記事を載せていますが最もな事を言っています。ミュージシャンとはアメリカでは政治的にも社会的にもミュージシャンなりに社会的任務があるという事を主張しています。確かに、わたしが先日のコメントでも書いたように、日本でも何かを訴えようとしてライブ等でバンドさんやアーティストさんが訴えを「声」にしています。しかし、わたしの知る、所謂、政治的薀蓄を垂れるしかない、悪く言えば説教にしか聞こえない「声」がある事も知っています。日本ではそういう社会義務があったとしても、問題は要はアーティストさん達がそれを意識しているか否かだと思います。

シルビアさんは中途半端な政治を音楽を通して説教するという事が大嫌いです。大将のように、向こうでも「BOSS」と呼ばれる地位にいて、それを上手く利用し、ベン・ハーパーや、Baby Faceといった大物アーティストと手を組んで、自分達の政治活動をするならいいですよ。1国民としての声をその人達がファンや弱者の代表として声を挙げるのですから。事態が事態ですし、アメリカの場合。でもわたしが知っている多くの日本国内のバンド、またはアーティストは自分達の立場を勘違いした形で利用し、ファンに説教を垂れるのです。主にライブ等で。彼等の立場からしてみれば言えば言うだけファンがそれに影響される訳じゃないですか。しかも日本のアホ丸出しマヌケの政治に対して立場に便乗して説教する?そんなことシルビアさんから言わせて頂くと、

そんなん、音楽やありゃしませんやん。

という事になります。
戦争たるものがどんなに悲惨なものか、女、子供、男を問わず関係のない人達がつまらん政治的故意で殺されていく、それが不愉快だと感じたら素直に「不愉快だから、反発するんだ。その反発したストレートな気持ちを音楽にするんだ」。これでいいと思うのです。でないと、なんですか、じゃ貴方方は同じ政治家になりますか?と思います。現にBuck-TickやSimple MInds、TAKUI、インディーズではWAIL、GRAND ZERO等がその不愉快な思いを歌詞にし、音楽を通して自分達の気持ちやわたし達の声を反映した形で一部的にですが、伝えてくれています。それに頷くか否かは人の勝手というものですが、それがミュージシャンのあるべき本来の姿だと思うのです。大将のように、真剣に自分達がアメリカ人としてどうあるべきか、何の為にアメリカ人でいるか、何故わざわざ自由と権利を求める為闘うのか、とそういうとっても基本的な事に疑問符を並べるのは最もな話です。どうしたら理想の、自分達が求めるアメリカ国民になるか、なれるか、そしてわたし達アメリカ国民が自由国家である事に対して間違った選択をした場合でもわたしは歌うつもりだ。そう熱く訴えています。そういう事を音楽を通して、訴えたいことを訴えたり、それが何かのきっかけになり弱者の立場の人が大将が行うライブに参加したり(ライブに行くのにはお金を払うので、その時点で貢献していると思います)、メディアを通して支持したりできるのではないかと思っています。それこそ、アメリカの民衆が力を合わせるべき「時」でしょう。特に今のアメリカは、莫大な経済的欠損問題を抱えているのだから、大変です、国民も真剣にならないと。

話は少し変わりますが、今アメリカで行われている選挙運動ですが、わたしならブッシュに一票を入れるでしょう。彼には、問われないといけない義務がまだ沢山残っています。戦争を起こした上、責任から逃げてもらったら困ると思います、アメリカは。アメリカだけではありません。世界中が大変困るのです。ちゃんとオノレのした事を掃除をしてから、政権を誰かに渡せ!というのがシルビアさんの個人的な考えです。ま、彼が残した莫大な問題は何年も後を退くでしょうが、今、やらないともっと大変になる戦後問題、アメリカの治安問題(テロ等)を全部背負う義務があります。あれだけ人を殺したのですから。中途半端に消えられてもこっちも困るといったものです。大将が言う、「ケリー氏もエドワーズ氏もわたし達の考えを反映していない、むしろ応えていない」というのもそういうところから一部来ていると思います。

何故自由と呼ばれた国がここまで理不尽なまでに不自由になったか。それはまだアメリカという国が自由を求める為皆力を合わせ、自由を求めるが為に個人個人が責任を背負い、血を流していないことからきていると、一部思います。そしてもっと些細ですが根本的なところに問題があると思います。それは選挙に行かなくなった人が多いということ。クリントン元大統領が言っていた、「貴方達の一票一票が貴方達の未来を決めるのですよ」とは、皆が選挙に行かなくなったからです。日本でもそれは言えることですが、自由を国の統治方の主体とする国なら尚更自分達の代表を真剣に考え、選挙に貢献すべきことではないのでしょうかねぇ。

個人個人誰もが自由であるべきことは問われてはいけないと思いますが、国家単位になると自分達が生きる社会で自由である為にはお互いを尊重し合い、社会的にも貢献し、ボランティア等に積極的に参加し、医学施設など創り、それこそ本当の民主主義を貫けなければいけません。大統領とはそれ等を代表する人、或いは民主の声を聞き入れるべき存在であると考えていますがそれを実現するには人の声が必要です。

Stand up for yourselves and for your rightsとよく言ったものです。

シルビアさんはイギリスでも日本でも選挙に参加する権利はないのです。イギリスでは住民票を頂いていますが、選挙に参加する権利はありません。あれだけ国の税金を払っているのにですよ?日本も同じです。

なので選挙に参加する事、そして政治に関心を持つ事がどれ程大事なことかを知って欲しいです。
posted by シルビア at 17:55| Comment(2) | TrackBack(0) | ACID BREATH(毒吐日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月30日

核ミサイル

最近、わたしは非常に人からなめられた扱いを受ける。
この間仲直りした友人Nも、元はと言えば彼女がわたしなら何を言ってもさらっと流してくれるというわたしに甘えたところからきていた。ま、彼女の場合、プライベートも含め全部知り合った仲だったので、電話してきても何回か無視したが(少しばかり痛い思いをしてもらわないとねぇ)最終的にわたしの核ミサイルのボタンを押しても、向こうから謝ってくれた時には素直に許せた。が、本当のところ、わたしは人から大変なめられた存在なのに対して未だ不快な思いをしている。

わたしを本気で怒らせるには何段階のハードルを超えないと、わたしはそうそう本気で怒らない。少々気に入らないことがあっても、「かんけーないし」とスルーしたり、ハッ、とジャガー笑いをして、流したり、その時友達や家族に愚痴ったりする場合もあるが、本当の意味でわたしを怒らせると、どんなに今まで親しかった友達とはいえ、謝ってきても許さないことになる。そしてわたしが本気で怒った相手にはいつかどこか相手が知らない所でテロを落とす。と、こういう方程式になっている。

例を言っておこう。
わたしは昔、元彼と喧嘩をし、ピンヒールで回り蹴りして凄いダメージを相手に与えたことがあった(笑)。中学でもヤンキーまがい同士、パンチの喧嘩になっこともある(笑)。

まま、過去のことは、多少咎っていたから、ということにしよう(笑)。

わたしは許容範囲が広いのか、ただ単にプライドが高いだけなのか(笑)、大体そんなに大事ではないことでない限り、別にそんなに怒らなくていいんじゃない?と思うことが沢山ある。「あ、そう」で終わることもあるし、「ふ〜ん、勝手にしたら?」とか心の中で一瞬思って消える。

だが、先日わたしに対して堂々ととんでもない毒を吐いた人が1人いる。その人は1度か2度わたしの地雷を踏んでいる。その人とは仲が良いものだと思っていたのだが、最近不審に思える言動がしばしばあった。その時点でわたしはいつか何かが表に出ると確信していたのだが、先日、それが見事に顕わになった。
「やっと尻尾を出しやがった」と思い、わたしは彼女からの宣戦布告だと感じ取った。それぐらいわたしの感に触る(というかあんな事を言われて感に触らない方がどうかしている)ことを飄々とした顔をして言い捨てやがった。わたしは相手が自分より年上だということだけではこういう場合、引き下がらないし、むしろ相手がわたしより大人なくせしてくだらねぇガキみたいな事をぶちぶち言い出すと、それこそ怒り狂うし、こっちもこっちで言うことは言わせて頂く。

その毒を吐いた人は今まで不審な言動をひっぱった上に結果的なことしか言わなかった。

文句があるんやったら直接言えや、ボケ!オノレには口というものがないのか!?毒を吐く為の口だったらその口裂いてやろうか、ええ!?何とか言ったらどうやねん、やんねんやったら表に出ろや、いつでも相手にしてやるわ!

状態でムカムカしていたが、彼女のとんでもない毒に対して泣いた。わたしがしてきたことを全面的に否定したかのようなことをあっさり言った上に、彼女の不審な言動のことについて穏やかに相談に乗ってもらっていた人が、実はグルだったということに酷くショックを受けた。しかもその子はわたしがその毒を吐いた人よりも信頼していた子である。で、わたしは何も悪い事はしていない、という具合にいい子ぶって泣いたわたしを見て「気分害した?」と言ってきやがった。いい神経してるじゃねーか、1度殴られたいのか?とシルビアさんは心の中で思い、無視した。そして後で毒を吐いた人から遠のいた場所でわたしの肩に触れ、「元気出してね」と言った。おお〜そうか、わたしにそんなに殴られたいのかと拳をぎゅっと締めて彼女から逃げるようにダッシュした。

いますやん、悪いことしたり言ってるのに、そのリングリーダーが毒を吐いてこれはもしかして喧嘩になるかもというマズイ雰囲気になるといい子ぶる人。正にそうだった。その子はわたしも自分のプライベートなことを話したりしていた仲だったので余計腹が立ったし、ホンマに喧嘩吹っかけようかなと思ったぐらい憎らしく思えた。学校だったらこんなやつ、袋叩きですわ。

そして何よりも腹が立ったのは、わたしが少しその場から少し下がった所で2人を見ていると何事もなかったかのように談笑していたこと。言わせてもらうが、わたしが本気で悪い事をしたなぁ、と思ったら笑えもしない。普通そうじゃねぇ?しかも今まで仲良くしていた人相手だったら余計そうじゃないか?わたしなら申し訳なくて、逆に落ち込むと思うが、ま、余程性格が歪んだ腐った神経をしていらっしゃるんでしょうね。親友とも話したのだが、これを機にそいつらの本性が判ったというだけでもあり難いというものだということ。わたしはそもそもそういう「傷付けてもどうでもいい人」だったんだろう。

謝って頂いても、壊れたグラスは元に戻らないし、信用もしないし、むしろどこかでテロを落とすつもりなので、ま、皆さん、地球が破滅したらわたしがテポドン100万トン落としたということにしといてください。
posted by シルビア at 18:12| Comment(5) | TrackBack(0) | ACID BREATH(毒吐日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月27日

ハンッと鼻の先で笑いたい人。

わたしがこの17年愛して止まないバンドがいるのですが、そのバンドの某unofficialファンサイトの管理人の日記等に対して、シルビアさんはジャガー笑いしてしまうことがあります。

なんなんでしょうね、わたしもわざわざ毒吐日記を作るぐらいだからとんでもない毒を吐いているとは思うのですが、その某サイトの某管理人はわたし以上に変な毒を吐く、そして無責任な上に人を見下しています。>この辺りでもうムカつくよねー。

その人の毒に非常に害されたことがあります。
クレームを送り付けたいぐらい、酷かったのです。
ま、わたしが単にロムってるだけならそんな必要はないんですけど、わたし、そのサイトに一応参加してたんです(過去形)。

まず、わたしの地雷を踏んだのは、リストカットの件。
最近、人事とは思えないぐらい盛んにニュースやメディアで取り上げられていますが、ホントに人事ではありません。この世の中、病んでいるけれども声に出せない人達が大勢いると思うのです。その中、残念ながらも家庭環境も恵まれていない子や、過激な労働でキレてしまった人、様々なケースがありますが、リストカットは危ないですし、それで平常心を保とうとしたり、現実逃避したりするので、生活に支障は絶対起こります。なのでとても辛い想いをしながらリストカットをするんです。わたしは幸いなことにか、リストカットをした経験がありません(クスリに逃げるからね!→やめれ)。でも友達何人か、リストカットをする子がいます。その傷跡を見ただけでシルビアは泣き崩れそうな経験をしたことが何度かあります。

そしてその某サイトの管理人はこう言うのです。

「リストカットとか、甘いこと言ってるんじゃないよ!そういう人に限って働いてないんですよねー。そういう人は死ぬ程働いてみたらどうですか。わたしは生きたい気持ちで一杯です」と、とんでもない毒を吐いたのです。ま、彼女のサイトですから、わたしがわざわざクレームすることもないのですが、これだけは言わせてください。

おもくそ働いて、それでもリストカットに走る人がいないとでも思ってんの?

思いっきり働きましたよ、わたしも。色んな会社の面接に行き、これからの自分の為にも頑張らないと、と薬を1番多く飲んでいた時に頑張って某有名アパレル会社に勤務したさ。でもですね、体力的疲労とまだ薬が身体を休めようとしていた為、体力がついてこず、胃にポリープができ、吐血したことで辞めましたが、本当に病気でなかったら今どうなっていただろうなと考えます。その時ですね〜リストカットの事も考えたのは。でも1度手首を血管近くまで深く切り刻んでいる経験もあり、リスカはなぁ〜とかなり躊躇しました。ま、やらなかったんですけども。でもわたしの友達といいますか、小さい頃からの友達で解離性障害(所謂多重人格者)になってしまった子がいるんですね。彼女はいつもとても明るく振舞う可愛らしい子で、でも元々病弱で腰を大変痛めていんですね。それでもずっと条件に合ったところで一生懸命働いていたんですね。で、信じられないような事件の積み重ねで、そういう病気になってしまいましたが、未だに見ていて痛々しいというか、何かしてあげれる事はないのかといつも思います。違う人格が表われ、その人が腕や手首を切って血塗れになります。そんなのが日々繰り返されているのです。

なのでわたしは某サイトの管理人の彼女がよく使う文句の「わたしは列記とした社会人」というのを読んで、ああ、こういう人、いるいる。自分だけが幸せなら他の人がどう苦しんでいようが、自分の幸せになる条件とか押し付けてくる人、うざいぐらいいるよねー。けっ!なんやねん、と思いました。

わたしの好きな某バンドファンの方々は病んでいる人達が非常に多いです。不特定多数のファンの方が見ているファンサイトの自分の日記にそんなこと書くなんて信じられません。彼女は来客する方々から持ち上げられています、かなり。何故かと言いますと、そこにはお絵描き掲示板があり、色んなコラムもあり、でちゃんとしたサイトなんですね、ブログとは違って。でもな、調子こいてんじゃねーよ、バーカ!今に不幸が訪れるに違いないとシルビアさんは思ったのです。

さてさて、彼女の毒吐きが酷くなって行き、わたしの核ミサイルのボタンを押したのは些細な事でなんですけど、非常に気分を害したことでした。

「乙女座の人って性格めちゃくちゃ歪んでて可愛くない最悪な人、多くありません?」

シルビア噴火

ちょっと待て。わたしが敬愛する姉も乙女座だし、心から愛する親友だって乙女座じゃわい!とマグマを頭からテプテプと出していましたが、そのスレにある方が、「わたし乙女座なんですけど…」と言って、それ以来あのサイトには来ていません。そりゃね、星座の事で薀蓄を垂れる気はないのですが、人の誕生の星なんですよ、一応。しかもその某管理人は人の事を言えるような星座でも血液型でもありません。アンタ、獅子座のB型じゃん。1番嫌われるやん。蠍のわたしには絶対どんな喧嘩をしても勝てない獅子座のB型ですよ?ま、こんな話になるとわたしも彼女の低レベルなところまでいってしまうので、ここら辺で辞めますが、普通、自分のHPに来ている人が何座とか判らないのに、何の根拠もなく乙女座の人に対して毒を吐くとはどういうことなんでしょうね。乙女座の人は、「なんなの、この人!?」と思ったに違いないです。

ま、彼女の日記を読んでて、面白可笑しく書いてあるつもりなんですが、笑えないというケースが殆どです。
成り上がった、つけあがった、調子こきすぎる人はね、もう鼻の先で笑ってやったらいいんです。

それにしても腹の虫がおさまらねぇ〜
posted by シルビア at 03:47| Comment(3) | TrackBack(0) | ACID BREATH(毒吐日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月25日

今朝のニュース

今朝、誰かブッシュ大統領が今アメリカで流しているCMを日本の報道を通して見ましたか?ま、日本の報道ですから、あまりはっきりした事や、政治的に問題とされる事は発言していなかったのですが、わたしがあの場にいたら宣戦布告するかぐらいの勢いで毒を吐いたと思います。

そのCMの内容とは何か。まだ見ていない方に少し説明。

アメリカのオリンピックのCMの中で、アフガニスタンとイラクの国旗が画像の下辺りに出てくるのですね。で、言うキャッチフレーズが「やっと自由になれた国がオリンピックに自由に参加できるようになりました」との事。

はぁ!?
シルビアさんはそれはそれはメイクする前の普段は蒼白い顔を赤くして眉間にシワをよせ、

「オノレの墓ができたらそこへ唾を吐きに行ってやる」と言ったららしいです。ま、こんなんではまだまだ甘いという事が次に流されたブッシュのインタビューで判明。「今何にご関心されていますか?」の報道インタビューアに対し、「イラクのサッカーだね(薄笑い)」。

ちゅどーん(シルビア噴火

テメェ、イラクに国連無視してミサイル落とし、自分の国の民衆を含めイラク国民多数の命を奪っただけでは物足りず、次は搾取するつもりか、フテェヤローだぜ、一度テメェの上にテポドン落とすぞ!とぎゃーぎゃーテレビを目の前に毒を吐き垂らしていました。

現在、ブッシュは選挙の真っ最中です。
そのプロパガンダの為、アフガンを自由にしただのイラクを自由にしただのと政治的目的に彼等を利用した上にバカにした発言。許せと言う方が間違っています。

アメリカが与えた自由なんてありえない。
そんなものは存在しない!
彼は見たことがあるのか、中近東の宗教戦争たるものを。
アメリカがデモクラシーを彼等は知るべきであると言ったが為にフセインが統治していた筈のイスラムの中での宗派戦争、デモが今になって勃発した宗教内の戦争。それがテメェが言う自由なのか?フセイン以上に国を統治できるというならば、完全なる国際的独裁者になりゃいいさ、ローマ帝国のように。でも倍以上の人々が死に、国内でのテロ、戦争、政治が破壊してどうにもならない事態。これが民主主義を受け入れられる国、民衆だと思っているのか。デモクラシーなんてアメリカでは都合のいい時にしか通用しないのに何が民主主義だよ、アホボケマヌケ。デモクラシーがどこの国でも通用する、しかもそれが絶対的統治方だと思うな!テメェらのちぃせー脳味噌と浅い歴史でデモクラシーやコミュニズム、増してやそれ等を称賛し、批判できるものかといつも思う。

朝から不愉快にも今1番見たくない顔を見た上にこれだから、イライラして手が震えた(怖)。

最近わたしは言い様もない怒りを感じると震えるみたいだ。
あぶねー。
posted by シルビア at 18:15| Comment(2) | TrackBack(0) | ACID BREATH(毒吐日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。