あなたは 人目の迷い子です

2005年05月12日

Somewhere, somewhat, in Phantasmagoria

1999、夏。

「貴女の血を吸った蚊が
空気の匂いと夏と貴女を運ぶ
火垂るの群はオレンジに光って
赤に変色し
貴女の唇を描く

私は火垂るの群のテールライトを
指でなぞり
貴女の赤い唇を描く
優しい紅に染まった貴女の唇を
貴女を再現しながら」

夏休み中、離れて暮らしていた当時の彼氏からのラブレター。
愛しても愛しても、もっと愛したかった彼氏からの詞。
蒸し暑い初夏に書かれた、ラブレター。
彼の匂いがするこの詞をお守りのように抱きながら寝た夏。
この1通から始まり、何通も交換したラブレター。

ただ、ひたすら、
わたしにはこの人しかいない、
この人しか愛せない。
この人を生涯ずっと愛していたい。
離れたくない。

若いとしか言えない気持ち(笑)。

色んな事があって、想い出を汚されても、この夏は永遠に存在するもの。
どんな事があっても彼からのラブレターを捨てられないのは
未練があるからとかじゃない。
忘れられないとか、そんなものでもない。

彼の手紙と詞はわたしが心から愛して愛された証しの1部。
愛なんて、身が焦がれる愛なんて存在しないと思っていた頃
愛された、形として残るもの。

お願い。
わたしにもう1度愛というものを信じさせて。
そんなわたしの祈りのお守りとして彼の手紙と詞が多数まだ手元に。

でも、どうして今まで以上に7年前の夏を酷く恋しく思うのだろう。
恋しいだけじゃなくて、
思い出せそうで思い出せない懐かしい日々が再現される
ような不思議な感覚。

このバーミンガムに居るから?
不思議。
あの頃に戻りたいとか、そんな気持ちはないのに、

手を繋ぎながら一緒に買い物したスーパーや
朝から夕方まで演劇の事を熱く語ったカフェ
働きに行くわたしを見送ってくれたバスストップ

良い事ばかり思い出して、
良い想い出しかない場所が目に止まって
そんな気分に酔うのが気味が悪いぐらい。

もう、この街を出ないといけないというサインなのか、
ただ、懐かしいだけなのか。

2005年、5月11日。

陽射しが、とってもきつい。
眩しい。
【関連する記事】
posted by シルビア at 02:51| Comment(1) | TrackBack(0) | LONG LOST LOVE LETTERS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。